会計やさんのメモ帳

 

財務諸表等規則/第二章 貸借対照表/第二節 資産/第五目 雑則

第五目 雑則

(関係会社に対する資産の注記)

第三十九条 関係会社との取引に基づいて発生した受取手形及び売掛金の合計額が資産の総額の百分の五を超える場合には、当該受取手形及び売掛金の金額をそれぞれ注記しなければならない。ただし、関係会社に対する受取手形又は売掛金のいずれかの金額が資産の総額の百分の五以下である場合には、これらの合計額のみを注記することができる。

【関連:財務諸表等規則ガイドライン39-1

2 関係会社との取引に基づいて発生した債権(受取手形、売掛金及び第三十二条第一項の規定により区分掲記されるものを除く。)、未着品、積送品、前払費用又は未収収益で、その金額が資産の総額の百分の五を超えるものについては、その金額を注記しなければならない。

3 前二項に規定する関係会社に対する資産で、前二項の規定により注記したもの以外のものの金額の合計額が資産の総額の百分の五を超える場合には、その旨及びその金額を注記しなければならない。


免 責リンクポリシープライバシーポリシー