会計やさんのメモ帳 
 

投資有価証券評価損

投資有価証券評価損とは、満期保有目的の債券、その他有価証券(売買目的有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式及び関連会社株式以外の有価証券)に生じた評価損をいう。

売買目的有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式及び関連会社株式以外の有価証券(以下「その他有価証券」という。)は、時価(注1)をもって貸借対照表価額とし、評価差額は洗い替え方式に基づき、次のいずれかの方法により処理する。

(1) 評価差額の合計額を純資産の部に計上する。(全部資本直入法)

(2) 時価が取得原価を上回る銘柄に係る評価差額は純資産の部に計上し、時価が取得原価を下回る銘柄に係る評価差額は当期の損失として処理する。(部分資本直入法)

なお、純資産の部に計上されるその他有価証券の評価差額については、税効果会計を適用しなければならない。

 


仕訳例目次

(1) 株式の評価

 


仕訳例

(1) 株式の評価

C株式は、時価が著しく下落しかつ取得価額まで回復する見込があるとは認められないため、評価差額を当期の損失として処理する。 評価差額については、発生時に税務上の損金処理が認められることを前提している。

 
借方貸方
投資有価証券評価損600投資有価証券/その他有価証券600

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー