会計やさんのメモ帳


固定資産売却損

固定資産売却損とは、固定資産を売却した際に発生した損失をいう。

固定資産の譲渡をした場合は、原則として約定日(取引日)において会計処理をし、譲渡対価の額から譲渡原価の額を控除した金額が損失の場合、固定資産売却損に計上する。

仕訳例


事業用に使用していた機械装置を売却した。

取得価額5,000,000円、売却前の減価償却累計額4,000,000円、売却価格500,000円+消費税40,000円=540,000円で売却代金は当座預金に入金した。

借方貸方
預金/当座預金540,000機械及び装置5,000,000
減価償却累計額4,000,000仮受消費税等40,000
固定資産売却損500,000  


免 責リンクポリシープライバシーポリシー