会計やさんのメモ帳 
 

手形売却損

手形の所持人は手形の支払期日前に手形を銀行で買取ってもらい、資金化することができる。この場合、手形の支払期日までの利息分が差し引かれる。これを手形の割引という。

そしてこの利息分を割引料というが、これは手形売却損で処理する。

尚、手形の割引を銀行から見ると、手形を担保にした貸付金とみられるため、割引に応じてくれる手形は信用力のある振出人や裏書人のある手形でなければ応じてくれないことがある。

 


仕訳例目次

(1) 受取手形の割引

 


仕訳例

(1) 受取手形の割引

割引に付した手形の金額2,000,000円、割引料25,000円、差引1,975,000円が当座預金に入金した。なお、割引時点における手形遡及義務の時価は20,000円と評価された。

 
借方貸方
預金/当座預金1,975,000受取手形2,000,000
手形売却損25,000  
雑損/保証債務費用20,000保証債務20,000

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー