会計やさんのメモ帳 
 

為替差損

外貨建て金銭債権債務を取引した場合又は期末に時価評価をした際、帳簿価額から取引時の為替相場や期末日の為替相場よる換算額を控除した額が損失となる場合、その損失の額を為替差損という。

 


仕訳例目次

(1) 外貨建金銭債権の評価

(2) 外貨建金銭債務の評価

(3) 外貨建金銭債権の決済

 


仕訳例

(1) 外貨建金銭債権の評価

決算期末の外貨建売掛金の残高は11,800,000円(100,000ドル)であった。期末の為替相場は1ドル115円である。

為替差損=帳簿価額11,800,000円評価額−11,500,000円=300,000円

 
借方貸方
為替差損300,000売掛金300,000

 


(2) 外貨建金銭債務の評価

決算期末の外貨建買掛金の残高は11,400,000円(100,000ドル)であった。期末の為替相場は1ドル115円である。

為替差損=帳簿価額11,400,000円−評価額11,500,000円=100,000円

 
借方貸方
為替差損100,000買掛金100,000

 


(3) 外貨建金銭債権の決済

外貨普通預金100,000ドル(帳簿価額11,500,000円)を払出し、円貨に転換の上当座預金に入金した。当座預金に入金した金額は11,300,000円である。

為替差損=帳簿価額11,500,000円−決済額11,300,000円=200,000円

 
借方貸方
預金/当座預金11,300,000預金/外貨普通預金11,500,000
為替差損200,000  

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー