会計やさんのメモ帳 
 

消耗工具器備品費

消耗工具器具備品費とは、スパナ、レンチ、ドリル、カッター、机、椅子、ロッカー、棚、時計、絵画などで、耐用年数1年未満又は耐用年数1年以上で相当額未満のものを、取得のときに費用として処理される。

取得時費用処理したもので期末に未使用のものは、貯蔵品に計上するが、重要性の乏しい場合は取得時費用処理のままでも認められている。

 


仕訳例目次

(1)  工具の購入

(2)  器具の購入

(3)  備品の購入

 


仕訳例

(1) 工具の購入

修理に使用するためのスパナ・レンチ5,000円+消費税400円=5,400円を現金で購入した。

 
借方貸方
消耗工具器具備品費5,000現金5,400
仮払消費税等400  

 


(2) 器具の購入

会議の記録に使用するためICレコーダー15,000円+消費税1,200円=16,200円を現金で購入した。

 
借方貸方
消耗工具器具備品費15,000現金16,200
仮払消費税等1,200  

 


(3) 備品の購入

書類保管用の書庫20,000円+消費税1,600円=21,600円を現金で購入した。

 
借方貸方
消耗工具器具備品費20,000現金21,600
仮払消費税等1,600  

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー