会計やさんのメモ帳 
 

福利厚生費

福利厚生費とは、従業員に結婚祝い金、出産祝い金、病気見舞金、香典、食事代補助、同好会の補助などで、社会通念上相当と認められる金額をいう。 

 


仕訳例目次

(1) 慶弔規定により支出する金品

(2) 外部講習会の参加費

(3) 健康診断費

(4) 医薬品の購入

(5) 食事代の補助

(6) 残業に伴う食事代

(7) 社内同好会への補助

(8) その他

 


仕訳例

(1) 慶弔規定により支出する金品

結婚祝い金30,000円を現金で支払した。

 
借方貸方
福利厚生費30,000現金30,000

 


(2) 外部講習会の参加費

講習会に参加した費用50,000円+消費税4,000円=54,000円を現金で支払った。

 
借方貸方
福利厚生費50,000現金54,000
仮払消費税等4,000  

 


(3) 健康診断費

定期健康診断を実施し、診断費200,0000円+消費税16,000円=216,000円を当座預金から支払った。

 
借方貸方
福利厚生費200,000預金/当座預金216,000
仮払消費税等16,000  

 


(4) 医薬品の購入

保健室に常備する医薬品50,000円+消費税4,000円=54,000円を購入し現金で支払った。

 
借方貸方
福利厚生費50,000現金54,000
仮払消費税等4,000  

 


(5) 食事代の補助

一食500円+消費税40円=540円の弁当を外部給食センターと契約している。今月の弁当代は10,000食で5,400,000円を当座預金から給食センターに支払った。

弁当代のうち350円+消費税28円=378円は個人負担で、10,000食分3,780,000円を給料から控除し、預り金に計上してある。

 
借方貸方
福利厚生費5,000,000預金/当座預金5,400,000
仮払消費税等400,000  
預り金3,780,000福利厚生費3,500,000
  仮払消費税等280,000

 


(6) 残業に伴う食事代

残業の食事代50,000円+消費税4,000=54,000円を現金で支払った。

 
借方貸方
福利厚生費50,000現金54,000
仮払消費税等4,000  

 


(7) 社内同好会への補助

社内の各同好会に対し、当期分の補助金54,000円を支給した。

 
借方貸方
福利厚生費50,000現金54,000
仮払消費税等4,000  

 


(8) その他

上記の他に、残業した従業員に夜食の提供、制服を着用させるための制服代、永年勤続者に対する表彰又は記念品等を贈与する費用、社員互助会への補助金、運動会や観劇会などの費用も福利厚生費となる。

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー