会計やさんのメモ帳 
 

売 上 高

売上高は、実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限る。

ただし、長期の未完成請負工事等については、合理的に収益を見積り、これを当期の損益計算に計上することができる。

委託販売、試用販売、予約販売、割賦販売等特殊な販売契約による売上収益の実現の基準は、次によるものとする。

(1) 委託販売

委託販売については、受託者が委託品を販売した日をもって売上収益の実現の日とする。従って、決算手続中に仕切精算書(売上計算書)が到達すること等により決算日までに販売された事実が明らかとなったものについては、これを当期の売上収益に計上しなければならない。ただし、仕切精算書が販売のつど送付されている場合には、当該仕切精算書が到達した日をもって売上収益の実現の日とみなすことができる。

(2) 試用販売

試用販売については、得意先が買取りの意思を表示することによって売上が実現するのであるから、それまでは、当期の売上高に計上してはならない。

(3) 予約販売

予約販売については、予約金受取額のうち、決算日までに商品の引渡し又は役務の給付が完了した分だけを当期の売上高に計上し、残額は貸借対照表の負債の部に記載して次期以後に繰延べなければならない。

(4) 割賦販売

割賦販売については、商品等を引渡した日をもって売上収益の実現の日とする。

しかし、割賦販売は通常の販売と異なり、その代金回収の期間が長期にわたり、かつ、分割払であることから代金回収上の危険率が高いので、貸倒引当金及び代金回収費、アフター・サービス費等の引当金の計上について特別の配慮を要するが、その算定に当っては、不確実性と煩雑さとを伴う場合が多い。従って、収益の認識を慎重に行うため販売基準に代えて、割賦金の回収期限の到来の日又は入金の日をもって売上収益実現の日とすることも認められる。

(5) 長期の請負工事に関する収益の計上については、工事進行基準又は工事完成基準のいずれかを選択適用することができる。

工事進行基準:決算期末に工事進行程度を見積り、適正な工事収益率によって工事収益の一部を当期の損益計算に計上する。

工事完成基準

(6) 外貨建取引は取引発生時の為替相場により円換算を行い、期末に保有する外貨建売掛金は期末日の為替相場で円換算を行う。

(7) 延払条件付販売

延払条件付販売については法人税法で次のような条件がある。

@ 3回以上の分割払いで履行期間が2年以上であること。

A 目的物の引渡し前に受ける頭金は3分の2以下であること。

会計処理方法は、商品等を引き渡した時点で全額売上計上する方法と、賦払金の入金した日又は回収期に回収金額を売上計上する方法がある。

(8) 長期請負工事の収益計上

売上高は、実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限るが、長期の未完成請負工事等については、合理的に収益を見積り、これを当期の損益計算に計上することができる。

長期の請負工事に関する収益の計上については、次の工事進行基準又は工事完成基準のいずれかを選択適用することができる。

@ 工事進行基準は、決算期末に工事進行程度を見積り、適正な工事収益率によって工事収益の一部を当期の損益計算に計上する方法。

A 工事完成基準は、工事が完成し、その引渡しが完了した日に工事収益を計上する方法。

(9) 売上値引

売上値引きとは、売上品の量目不足、品質不良、破損等に理由により対価から控除される金額をいい、売上高から控除する。

代金支払い期日前の支払いに対する売掛金の一部免除等の売上割引と区別するものとする。なお、一定期間に多額又は多量の取引をした得意先に対する売上代金の返戻額等の売上割戻しは、売上値引きに準じて取り扱うものとする。

(10) 売上割戻

売上割戻とは、一定期間に多額又は多量の取引をした得意先に対し、売上高等を基準として割戻しを行うことをいい、売上高から控除する。

売上割戻しの計上時期は、割戻しの対象となる事業年度に計上することが原則であるが、割戻し額を相手方に通知した日又は実際に割戻し金を支払った日に計上することもできる。

(11) 売上戻り

売上戻りとは、販売した商品等の品質の欠陥、品違いなどの理由により返品を受け、代金の返戻または売掛金の減額を行うことをいい、売上高から控除する。

参考:企業会計原則 損益計算書原則、外貨建取引等会計処理基準、財務諸表等規則ガイドライン

 


仕訳例目次

(1) 現金による売上

(2) 小切手による売上

(3) 約束手形による売上

(4) 掛けによる売上

(5) 荷為替による外貨建売上

(6) 掛による外貨建売上

(7) 割賦販売

(8) 委託販売品の販売

(9) 試用販売買取の意思表示

(10) 延払条件付販売

(11) 工事進行基準による売上計上

(12) 売上値引きの実施

(13) 売上割戻しの実施

(14) 売上戻り

 


仕訳例

(1) 現金による売上

商品500,000円+消費税40,000円=540,000円で売却し、代金540,000円は現金で回収した。

 
借方貸方
現金540,000売上高(注1)500,000
  仮受消費税等40,000

(注1)売上高は、実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限る。

実現の時点について具体的には、商品等を相手方に出荷した時点、船積み完了時点、出荷した商品等を相手方が検収した時点等、商品や製品の種類などにより合理的と考えられる方法を継続的に適用すること条件に各企業が決定し採用することができる。その他特殊な販売形態について売上高の実現は上記売上高の項目を参照。

 


(2) 小切手による売上

商品500,000円+消費税40,000円=540,000円で売却し、代金は540,000円は小切手で回収した。

 
借方貸方
現金(注1)540,000売上高500,000
  仮受消費税等40,000

(注1)小切手は通貨代用証券であり、現金に仕訳をする。

 


(3) 約束手形による売上

商品500,000円+消費税40,000円=540,000円で売却し、代金540,000円は事前に手付金として10,000円が入金済みであり、残金530,000円を約束手形で回収した。

 
借方貸方
前受金10,000売上高500,000
受取手形530,000仮受消費税等40,000

 


(4) 掛けによる売上

商品500,000円+消費税40,000円=540,000円で売却し、代金540,000円は掛けとした。

 
借方貸方
売掛金540,000売上高500,000
  仮受消費税等40,000

 


(5) 荷為替による外貨建売上

商品100,000ドルの輸出を行った。信用状(L/C)を受け取り、船積みが完了し船荷証券(B/L)を受け取ったので、荷為替手形を振出し、取引銀行に買い取りを依頼た。割引料50,000円が差引かれ、11,950,000円が当座預金に入金した。当日の為替相場は1ドル120円である、

 
借方貸方
預金/当座預金11,950,000売上高(注1)12,000,000
手形売却損50,000  

(注1)10,000ドル×120円

(注2)消費税等は輸出免税のため仕訳なし。

 


(6) 掛による外貨建売上

米国の現地法人(個会社)に商品100,000ドルの輸出を行った。当社の売上基準は船積基準を採用しており、船積みが完了したので売上処理をした。。売上当日の為替相場は1ドル120円である。

決済条件は6ヶ月後送金の契約である。

 
借方貸方
売掛金12,000,000売上高12,000,000

(注)消費税等は輸出免税のため仕訳なし。

 


(7) 割賦販売

本設例は、商品等を引渡した日をもって全額を売上計上し、決算処理で賦払金の期日未到来に部分に対応する未実現利益を翌期繰り延べる方法によっている。

製品売上高3,600,0000円+消費税288,000円=3,888,000円

同製造原価3,240,000円

10ヶ月賦払契約で販売した。

 
借方貸方
売掛金3,888,000売上高3,600,000
  仮受消費税等288,000
売上原価3,240,000製品3,240,000

 


(8) 委託販売品の販売

委託販売品について、A商店から売上計算書が到着した。委託販売先からの入金は未収である。

(売上計算書)

売上高1,500,000円+消費税120,000円=1,620,000円

販売手数料150,000円+消費税12,000円=162,000円

差引支払額1,458,000円

 
借方貸方
売掛金1,620,000売上高1,500,000
  仮受消費税等120,000
販売手数料150,000未払費用162,000
仮払消費税等12,000  
売上原価1,000,000製品/積送品1,000,000

 


(9) 試用販売買取の意思表示

試用販売品について、買い取る旨の連絡を受けた。

売上金額は1,500,000円+消費税120,000円=1,620,000円

代金は掛けとした。

 
借方貸方
売掛金1,620,000売上高1,500,000
  仮受消費税等120,000
売上原価1,000,000製品/試用品1,000,000

 


(10) 売上値引きの実施

販売した商品の一部に品質不良があり、売上高100,000円+消費税8,000円の値引きをすることで合意した。販売時の代金は既に現金で受領済みなので、小切手を振出して支払った。

 
借方貸方
売上高/売上値引高100,000預金/当座預金108,000
仮受消費税等8,000  

 


(11) 売上割戻しの実施

当事業年度中の特約店の売上高を基準とし、次の売上割戻し額(含消費税)を算出し各特約店に通知した。この売上割戻しは各特約店に対する売掛金と相殺した。

A特約店1,000,000円、B特約店700,000円、C特約店500,000円、合計2,200,000円

 
借方貸方
売上高/売上割戻2,037,037売掛金2,200,000
仮受消費税等162,963  

 


(12) 売上戻り

販売した商品の品質に欠陥があり返品された。当該商品の販売代金は500,000円+消費税40,000円=540,000円で、売掛金となっている。

 
借方貸方
売上高/売上戻り500,000売掛金540,000
仮受消費税等40,000  

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー