会計やさんのメモ帳 
 

自己株式

純資産の部の表示

T 株主資本

1 資本金

2 新株式申込証拠金

3 資本剰余金

(1) 資本準備金

(2) その他資本剰余金

資本準備金の取崩額

自己株式処分差額

資本剰余金合計

4 利益剰余金

(1) 利益準備金

(2) その他利益剰余金

××積立金

繰越利益剰余金

利益剰余金合計

5 自己株式

6 自己株式申込証拠金

株主資本合計

U 評価・換算差額等

1 その他有価証券評価差額金

2 繰延ヘッジ損益

3 土地再評価差額金

評価・換算差額等合計

V 新株予約権

純資産合計

 

自己株式とは、株式会社が保有する当該株式会社の株式をいう。株式会社が当該株式会社の株式を取得することができる場合とは、会社法第155条に列記されている。

1 自己株式の会計処理及び表示(自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準より抜粋)

(1) 自己株式の取得・保有

取得した自己株式は、取得原価をもって純資産の部の株主資本から控除する。

期末に保有する自己株式は、純資産の部の株主資本の末尾に自己株式として一括して控除する形式で表示する。

(2) 自己株式の処分

自己株式処分差益は、その他資本剰余金に計上する。

自己株式処分差損は、その他資本剰余金から減額する。

(3) 自己株式の消却

自己株式を消却した場合には、消却手続が完了したときに、消却の対象となった自己株式の帳簿価額をその他資本剰余金から減額する。

(4) その他資本剰余金の残高が負の値になった場合の取扱い

上記(2) (3)の会計処理の結果、その他資本剰余金の残高が負の値となった場合には、会計期間末において、その他資本剰余金を零とし、当該負の値をその他利益剰余金(繰越利益剰余金)から減額する。

 


仕訳例目次

(1) 自己株式の取得

(2) 自己株式の売却

(3) 自己株式の消却

 


仕訳例

(1) 自己株式の取得

自己株式20,000,000円を取得し、代金は当座預金から支払った。なお、取得に伴う付随費用は省略してある。付随費用がある場合は営業外費用として処理する。

 
借方貸方
自己株式(注1)20,000,000預金/当座預金20,000,000

(注1) 取得した自己株式は、取得原価をもって純資産の部の株主資本から控除する。

(注2)期末に保有する自己株式は、純資産の部の株主資本の末尾に自己株式として一括して控除する形式で表示する。

 


(2) 自己株式の売却

取得原価9,000,000円の自己株式を10,000,000円で譲渡し、代金は当座預金に入金した。なお、処分に伴う付随費用は省略してある。付随費用がある場合は営業外費用として処理する。

 
借方貸方
預金/当座預金10,000,000自己株式(注1)9,000,000
  その他資本剰余金(注2.3)1,000,000

(注1)自己株式の処分及び消却時の帳簿価額は、会社の定めた計算方法に従って、株式の種類ごとに算定する。

(注2) 自己株式処分差益は、その他資本剰余金に計上する。

(注3) 自己株式処分差損は、その他資本剰余金から減額する。

 


(3) 自己株式の消却

取得原価20,000,000円の自己株式を取締役会の決議に基づき消却した。

※ 自己株式を消却した場合には、消却手続が完了したときに、消却の対象となった自己株式の帳簿価額をその他資本剰余金から減額する。償却に伴い発生する付随費用は営業外費用として処理する。 

 
借方貸方
その他資本剰余金20,000,000自己株式20,000,000

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー