会計やさんのメモ帳 
 

賞与引当金

就業規則や労働協約書などで支給が定められている場合、当期の負担に属する金額を賞与引当金として計上する。

なお、賞与支給金額が支給対象期間に対応して算定されているかどうか、賞与支給金額が確定しているかどうかにより次のように処理する。

(1) 賞与支給額が賞与支給対象期間に基づいて算定されて金額が確定している場合・・・・未払費用での処理

(2) 賞与支給額が支給対象期間以外の基準に基づき算定され、金額が確定している場合・・・・未払金での処理

(3) 賞与支給額が賞与支給対象期間に基づいて算定され、支給金額を見積り計上した場合・・・・賞与引当金での処理

 


仕訳例目次

(1) 賞与引当金の計上

(2) 賞与引当金の精算

 


仕訳例

(1) 賞与引当金の計上

労働協約に基づき当期の負担に属する賞与の支給額50,000,000円を見積り計上した。

 
借方貸方
従業員給与50,000,000賞与引当金50,000,000

 


(2) 賞与引当金の精算

上記(1)で見積り計上した賞与引当金を精算した。

確定した支給額51,000,000円

源泉所得税の控除額5,000,000円

銀行振込手数料40,000円+消費税3,200円=43,200円

当座預金からの払出額46,043,200円

 
借方貸方
賞与引当金50,000,000預り金5,000,000
従業員給与1,000,000預金/当座預金46,043,200
諸雑費/銀行手数料40,000  
仮払消費税等3,200  

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー