会計やさんのメモ帳 
 

破産更生債権

破産更生債権とは、破産債権、再生債権、更生債権その他これらに準ずる債権で1年内に回収されないことが明らかなものをいう。

 


仕訳例目次

(1) 破産更生債権の発生

(2) 破産更生債権の配当額確定

 


仕訳例

(1) 破産更生債権の発生

得意先のA社が民事再生法の適用申請を行った。当社がA社に対して保有する債権は受取手形2,000,000円、売掛金5,000,000円であり、管財人の情報では1年内に配当額が決定する見込はない。

 
借方貸方
破産更生債権7,000,000受取手形2,000,000
  売掛金5,000,000

 


(2) 破産更生債権の配当額確定

再生計画の認可決定により、当社の債権額70,000,000円の内5,600,000円が切り捨てられ、残金1,400,000円が当座預金に入金した。なお、当該債権に対し3,500,000円の貸倒引当金を設定してある。

 
借方貸方
貸倒引当金3,500,000破産更生債権7,000,000
貸倒損失1,581,482  
預金/当座預金1,400,000  
仮受消費税等518,518  

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー