会計やさんのメモ帳 
 

ゴルフ会員権

ゴルフ会員権は、取得原価で評価する。ただし、時価が著しく下落したとき、発行会社の財政状態が著しく悪化したときには減損処理を行う。

預託金方式によるゴルフ会員権を減損する場合は、帳簿価額のうち、預託金を上回る金額について、まず直接評価損を計上し、さらに時価が預託保証金を下回る場合には、当該部分を債券の評価勘定として貸倒引当金を設定する。ただし、預託保証金の回収が困難な場合は、貸倒引当金を設定せず、ゴルフ会員権から直接控除することができる。

(参考:金融商品会計に関する実務指針135、311)

 


仕訳例目次

(1) ゴルフ会員権取得

(2) ゴルフ会員権の評価損

 


仕訳例

(1) ゴルフ会員権取得

社用で利用するため、ゴルフ会員権を10,000,000円+消費税800,000円=10,800,000、仲介手数料200,000円+消費税16,000円=216,000円、合計11,016,000円で購入し、代金は当座預金から支払った。

 
借方貸方
ゴルフ会員権10,200,000預金/当座預金11,016,000
仮払消費税等816,000  

 


(2) ゴルフ会員権の評価損

帳簿価額10,200,000円のゴルフ会員権の決算日現在の時価は4,000,000円であり、回復する見込はない。

 
借方貸方
ゴルフ会員権評価損6,200,000ゴルフ会員権6,200,000

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー