会計やさんのメモ帳


土  地

土地とは、事業(営業)の用に供するために所有する敷地をいう。(減価償却資産の耐用年数等に関する省令に詳細の記載があります。)

土地には、工場及び事務所の敷地のほか、社宅敷地、運動場、農園等の経営付属用の土地が含まれるものとする。

仕訳例


(1) 土地の取得

工場用地として土地を取得した。取得価額は100,000,000円、仲介手数料及び登記料等の付随費用3,500,000円+消費税280,000円=3,780,000円で、合計103,780,000円を小切手を振出して支払った。

土地の売買取引について消費税は非課税。

借方貸方
土地103,500,000預金/当座預金103,780,000
仮払消費税等280,000  


(2) 土地と建物の一括取得

建物付の土地を取得した。取得価額は30,000,000円(含消費税)で小切手を振出して支払った。内訳は建物10,000,000円、土地20,000,000円である。

借方貸方
建物(注)9,259,259預金/当座預金30,000,000
仮払消費税等740,741  
土地(注)20,000,000  

(注) 建物付土地を取得した場合、建物と土地を区分する必要がある。通常は売買契約書に区分されているが、区分されていない場合は消費税から推測したり、それでも不明の場合は建物価額を見積って区分する。土地について消費税は非課税であるが、建物には課税される。


(3) 土地の売却

固定資産である土地を50,000,000円で売却し、売却代金は当座預金に入金した。

当該土地の取得価額は5,000,000円である。

借方貸方
預金/当座預金50,000,000土地5,000,000
  固定資産売却益45,000,000


免 責リンクポリシープライバシーポリシー