会計やさんのメモ帳 
 

工具器具及び備品

工具器具及び備品とは、耐用年数が1年以上の測定工具や検査工具、冶具、型、家具、事務機器、看板、金庫など、事業の用に供するために所有するものをいう。

なお、残存耐用年数が1年以下となったものも流動資産とせず、固定資産に含ませる。

工具、器具及び備品は、耐用年数1年以上で相当額以上のもの限るものとする。

 


仕訳例目次

(1) 測定工具の購入

(2) 金庫の購入

(3) 複写機の廃棄処分

 


仕訳例

(1) 測定工具の購入

事業に使用するため、測定工具を代金500,000円+消費税40,000円=540,000円で取得した。代金は小切手を振出して支払った。

 
借方貸方
工具器具及び備品500,000預金/当座預金540,000
仮払消費税等40,000  

 


(2) 金庫の購入

事務所に設置する金庫を代金300,000円+消費税24,000円=324,000円で取得し、銀行振込で支払った。

振込手数料は800円+消費税64円=864円 合計324,864円を当座預金から引き落とした。

 
借方貸方
工具器具及び備品300,000預金/当座預金324,864
仮払消費税等24,000  
諸雑費/銀行手数料800  
仮払消費税等64  

 


(3) 複写機の廃棄処分

複写機が陳腐化したので廃棄した。

当該複写機の取得価額は1,000,000円で、減価償却累計額は950,000円である。

 
借方貸方
減価償却累計額950,000工具器具及び備品1,000,000
固定資産除却損50,000  

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー