会計やさんのメモ帳 
 

機械及び装置

機械及び装置とは、機械及び装置並びにホイスト、コンベヤー、起重機等の搬送設備その他の附属設備など、事業(営業)の用に供するために所有するものをいう。

なお、残存耐用年数が1年以下となったものも流動資産とせず、固定資産に含ませる。

 


仕訳例目次

(1) 工作機械を設置

(2) 工作機械を売却

(3) 機械及び装置の売却

 


仕訳例

(1) 工作機械を設置

製造設備として、NC旋盤を購入し使用できる状況となったので検収した。価格は20,000,000円+消費税1,600,000円=21,600,000円であり、約束手形を振出して支払った。

 
借方貸方
機械及び装置20,000,000設備関係支払手形(注1)21,600,000
仮払消費税等1,600,000  

(注1)ここで振出した約束手形は、通常の取引に基づいて発生した手形債務ではないので、設備関係支払手形の勘定科目で管理をしていく。

 


(2) 工作機械を売却

製造設備である工作機械を売却した。売却代1,000,000円+消費税80,000円=1,080,000円で、当座預金に入金した。

当該工作機械の取得価額は20,000,000円で減価償却累計額は10,500,000円である。

 
借方貸方
預金/当座預金1,080,000機械及び装置20,000,000
減価償却累計額15,000,000仮受消費税等80,000
固定資産売却損4,000,000  

 


(3) 機械及び装置の売却

自工場の機械装置の一部を売却した。売却価額は1,080,000円で、約束手形を受領した。売却した機械装置の取得価額は4,000,000円、減価償却累計額は3,600,000円である。

 
借方貸方
営業外受取手形1,080,000機械及び装置4,000,000
減価償却累計額3,600,000仮受消費税等80,000
  固定資産売却益600,000

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー