会計やさんのメモ帳 
 

構 築 物

構築物とは、ドック、橋、岸壁、さん橋、軌道、貯水池、坑道、煙突その他土地に定着する土木設備又は工作物など、事業(営業)の用に供するために所有するものをいう。

なお、残存耐用年数が1年以下となったものも流動資産とせず、固定資産に含ませる。

 


仕訳例目次

(1) 舗装工事を行った

(2) 門扉及び塀を新設した

(3) 軌道を撤去した

 


仕訳例

(1) 舗装工事を行った

駐車場に新たに舗装工事を行った。工事代10,000,000円+消費税800,000円=10,800,000円で、小切手を振出して支払った。

 
借方貸方
構築物10,000,000預金/当座預金10,800,000
仮払消費税等800,000  

 


(2) 門扉及び塀を新設した

事務所に門扉と塀を新設した。工事代10,000,000円+消費税800,000円=10,800,000円で小切手を振出して支払った。

 
借方貸方
構築物10,000,000預金/当座預金10,800,000
仮払消費税等800,000  

 


(3) 軌道を撤去した

トロッコ用軌道が不要となったので撤去した。廃棄した軌道の取得価額は15,000,000円であり、その減価償却累計額は14,250,000円である。

 
借方貸方
減価償却累計額14,250,000構築物15,000,000
固定資産除却損750,000  

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー