会計やさんのメモ帳


未収収益

未収収益とは、一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う場合、既に提供した役務に対していまだその対価の支払を受けていないものをいう。従って、このような役務に対する対価は時間の経過に伴い既に当期の収益として発生しているものであるから、これを当期の損益計算書に計上するとともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。また未収収益は、かかる役務提供契約以外の契約等による未収金とは区別しなければならない。

参考:企業会計原則注解 注5 (4)


仕訳例

(1) 土地賃貸料の未収分を収益に計上

労働組合事務所が当社敷地内にあり、その土地賃貸料が未入金である。決算にあたり未収額を未収収益に計上した。

借方貸方
未収収益200,000雑益/受取地代(注)200,000

(注) 土地賃貸料は雑益として処理している。


(2) 前期未収収益計上額の振り替え処理

上記(1)で未収収益に計上した土地賃貸料を期首に振り替え処理をした。

借方貸方
雑益/受取地代200,000未収収益200,000


(3) 利息の未収額を収益に計上

貸付金の利息について後払い契約のものがあり、決算にあたり当期に対応する未収の利息300,000円を計上した。

借方貸方
未収収益300,000受取利息及び割引料300,000


(4) 前期未収収益計上額の振り替え処理

上記で未収収益を計上した利息を期首に振り替え処理をした。

借方貸方
受取利息及び割引料300,000未収収益300,000


免 責リンクポリシープライバシーポリシー