会計やさんのメモ帳 
 

立 替 金

立替金とは、一時的な立替払いによる債権で、通常は短期間のうちに回収されるものであるが、回収が長期にわたる場合には貸付金等に振替えるべきである。

 


仕訳例目次

(1) 立替金の発生・回収

 


仕訳例

(1) 立替金の発生

当社は同じ敷地内に労働組合、健康保険組合の事務所があり、水道光熱費については当社が一旦支払った後、使用料に応じて労働組合及び健康保険組合に請求することになっている。

当月の電力料は100,000円+消費税等8,000円=108,000円であり、当座預金から支払った。

当社の使用料は90,500円+消費税7,240円=97,740円

労働組合の使用料は5,000円+消費税400円=5,400円

健康保険組合の使用料は4,500円+消費税360円=4,860円である。

 
借方貸方
水道光熱費90,500預金/当座預金108,000
仮払消費税等7,240  
立替金/労働組合5,400  
立替金/健康保険組合4,860  

 

上記の労働組合及び健康保険組合に対する立替金が当座預金に入金した。

 
借方貸方
預金/当座預金10,260立替金/労働組合5,400
  立替金/健康保険組合4,860

 

免 責リンクポリシープライバシーポリシー