会計やさんのメモ帳


未収消費税等

発生した仮受消費税等と仮払消費税等は相殺した後、消費税の確定申告による納付額との差額が還付される場合は、流動資産に未収消費税等の科目で還付予定の金額を記載し、納付する場合は、流動負債に未払消費税等の科目で納付予定の金額を記載する。

仕訳例


(1) 未収消費税等の計上

当期中の仮受消費税等の金額3,000,000円、仮払消費税等の金額3,500,000円、当期の消費税確定申告による消費税及び地方消費税の還付額は450,000円となった。

借方貸方
仮受消費税等3,000,000仮払消費税等3,500,000
未収消費税等450,000  
雑損/消費税等50,000  


(2) 未収消費税等の還付

上記の消費税及び地方消費税の還付額450,000円及び還付加算金5,000円が当座預金に入金した。

借方貸方
預金/当座預金455,000未収消費税等450,000
  雑益/消費税等5,000


免 責リンクポリシープライバシーポリシー