会計やさんのメモ帳


受取手形

受取手形とは、通常の取引に基づいて発生した手形債権をいう。

通常の取引とは、当該会社の事業目的のための営業活動において、経常的に又は短期間に循環して発生する取引をいう。

この手形債権には、破産更生債権等(破産債権、再生債権、更生債権その他これらに準ずる債権をいう。)で一年内に弁済を受けることができないことが明らかなものを除く。一年内に弁済を受けることができないことが明らかなものは、投資その他の資産に属する。

(参考:会社計算規則第74条第3項第1号ロ)

仕訳例


(1) 売掛金の回収

売掛金の回収として約束手形1,000,000円を受入れた。

借方貸方
受取手形1,000,000売掛金1,000,000


(2) 売上代金の回収

製品の売上代金1,000,000円+消費税80,000円=1,080,000円を約束手形で受け取った。

借方貸方
受取手形1,080,000売上高1,000,000
  仮受消費税等80,000


(3) 為替手形の受入

当社はA社に対して売掛金1,500,000円を有している。A社振出、B社引受、当社受取人とする為替手形1,500,000円を受入れた。

借方貸方
受取手形(注)1,500,000売掛金1,500,000

約束手形は当事者が2人(振出人と受取人)であるが、為替手形は通常3人の当事者(振出人、受取人、引受人)が存在する。つまり、商品の買主が振出人となり、手形金額を売主である受取人に支払うよう名宛人に支払いの引き受けを求め、名宛人がこれを引き受け承諾した手形を受取人に渡すことによって受取人は手形債権者となり、名宛人が手形債務者となる。

会計上は、約束手形でも為替手形でも、手形金額を受け取る権利を有するものは受取手形勘定で処理する。


(4) 自己宛為替手形の振出

A社に対する売掛金1,000,000円の回収を促進するため、自己宛為替手形を振り出し、A社の引き受けを得た。

借方貸方
受取手形(注)1,000,000売掛金1,000,000

(注) 為替手形には自己を受取人として振り出すことも行われ、この場合は振出人が手形債権者となる。


(5) 先日付小切手の回収

売掛金の回収として小切手の振出日が先日付の小切手500,000円を受入れた。

借方貸方
受取手形(注)500,000売掛金500,000

(注)先日付小切手とは、実際の振出日ではなく将来の日付を振出日ととして記載した小切手をいう。小切手を受取る側が先日付前に金融機関に持ち込まないことを約束して受領するものなので、約束手形と同様の性格を有する。ただし、小切手を受取った者は振出日よりも前に銀行に呈示することも可能で、この段階で小切手の振出人に決済資金がない場合、資金不足による不渡りとなり振出人は汚点を残すことになるので注意を要する。


(6) 受取手形の支払期日決済

銀行に取立を依頼していた約束手形1,000,000円が支払期日に決済され、当座預金に入金した。

借方貸方
預金/当座預金(注)1,000,000受取手形1,000,000

(注) 受取手形の通常の決済方法は、取引銀行を通じ手形交換所の手形交換システムにより決済が行われ、決済金はあらかじめ指定した取引銀行の預金口座に入金される。


(7) 受取手形の裏書譲渡

買掛金1,000,000円の支払いのために手持ちの受取手形1,000,000円を裏書譲渡した。なお、裏書譲渡時点における手形遡及義務の時価は20,000円と評価された。

借方貸方
買掛金1,000,000受取手形1,000,000
雑損/保証債務費用(注1)20,000保証債務(注2)20,000

(注1)保証債務費用は営業外費用の雑損とした。

(注2)支払期日に振出人(為替手形の場合は引受人)がその手形の支払をできなかった場合、その手形の所持人は、裏書をした人に支払を請求できる。裏書譲渡を実行した時点で新たに生じた二次的責任である保証債務(手形遡及義務)を時価評価して認識する。


(8) 受取手形の割引

資金繰りの都合で手持ちの受取手形を割り引くこととした。割引に付した手形の金額2,000,000円、割引料25,000円、差引1,975,000円が当座預金に入金した。なお、割引時点における手形遡及義務の時価は20,000円と評価された。

借方貸方
預金/当座預金1,975,000受取手形2,000,000
手形売却損(注1)25,000  
雑損/保証債務費用20,000保証債務(注2)20,000

(注1)手形割引をする際には、割引実行日から手形の支払期日までの期間に対する利息が差引かれる。これを割引料といい、手形売却損勘定で処理する。

(注2)手形割引を実行した時点で新たに生じた二次的責任である保証債務(手形の遡及義務)を時価評価して認識する。


(9) 不渡手形の発生

銀行に取立を依頼していた約束手形500,000円が、振出人の資金不足により決済されなかった。

借方貸方
不渡手形(注)500,000受取手形500,000

(注) 受取手形は手形面に記載された支払期日に手形代金の決済が行われるが、振出人の資金不足や銀行取引停止処分を受けたことによって手形代金が決済されないことがある。この手形を不渡手形という。

手形が不渡りとなった場合は、その手形の裏書人があれば裏書人に償還請求をする。振出人から手形を受け取ったものでああれば、振出人に対し償還請求する。償還請求できる金額は手形金額のほか支払期日以降の法定利息、償還請求に要した経費等である。

不渡手形は、不渡発生の段階で、流動資産のその他の資産とする。不渡手形代金のうち資金の回収が1年を超えると見込まれる場合その金額は投資その他の資産に振替える。


(10) 破産更生債権の発生

A社が業績不振により、裁判所に民事再生手続きの申し立てを行い受理された。

A社に対する受取手形の残高は500,000円である。

借方貸方
破産更生債権(注)500,000受取手形500,000

(注) 破産債権、再生債権、更生債権その他これらに準ずる債権で1年以内に回収されないことが明らかなものは、投資その他の資産に破産更生債権などの項目を設けて振り替える。その他これらに準ずる債権とは、特別の事情により当該企業における通常の債権回収期間内に回収されないこととなった債権をいう。


(11) 支払期日延長のための手形交換

既に当社が受け取り保管中の約束手形10,000,000円について、振出人の資金繰りの都合で支払期日を1ヶ月延長して欲しいとの要請があり、50,000円の利息を受入れることで合意をした。

新たな約束手形10,000,000円と利息分の小切手50,000円を受け入れ、当社が保管していた約束手形10,000,000円を返却した。

借方貸方
受取手形10,000,000受取手形10,000,000
現金50,000受取利息及び割引料50,000


(12) 支払期日変更のための手形交換

当社が受入れた約束手形5,000,000円が、契約上の販売条件と異なる支払期日であったため、契約に基づく支払期日に変更するよう要請をしていたところ、契約通りの新たな手形が送付されてきたので、既に受け入れた手形と差し替えた。

借方貸方
受取手形5,000,000受取手形5,000,000


(13) 決算期末日が金融機関の休業日である場合の受取手形の処理

受取手形の支払期日が決算期末日であり、その日が金融機関の休業日である場合、実際には手形は決済されないが、次のいずれの方法も認められる。

イ 決算日に決済があったものとして処理し、当該金額を注記する方法。

決算期末日に支払期日が到来する受取手形は5,000,000円であるが、当日は金融機関の休業日にあたるため、当該受取手形を決済されたものとして処理した。なお、取立に付してある受取手形は当座預金に入金する。

借方貸方
預金/当座預金5,000,000受取手形5,000,000

ロ 決算は未決済のまま処理し、当該金額を注記する方法。

仕訳なし


免 責リンクポリシープライバシーポリシー