会計やさんのメモ帳 

会 社 法 ・会社法施行令 ・会社法施行規則 ・会社計算規則 ・電子公告規則

会社法

目次

第1編 総則(第1条第24条

第2編 株式会社第25条第574条

第3編 持分会社第575条第675条

第4編 社債第676条第742条

第5編 組織変更、合併、会社分割、株式交換及び株式移転第743条第816条

第6編 外国会社第817条第823条

第7編 雑則第824条第959条

第1章 会社の解散命令等第824条第827条

第2章 訴訟第828条第867条

第3章 非訟第868条第906条

第4章 登記第907条第938条

第1節 総則第907条第910条

第2節 会社の登記第911条第932条

第3節 外国会社の登記第933条第936条

第4節 登記の嘱託第937条第938条) 

第5章 公告第939条第959条

第8編 罰則第960条第979条

附則

 

(特別清算に関する裁判による登記の嘱託)

第九百三十八条 次の各号に掲げる場合には、裁判所書記官は、職権で、遅滞なく、清算株式会社の本店(第三号に掲げる場合であって特別清算の結了により特別清算終結の決定がされたときにあっては、本店及び支店)の所在地を管轄する登記所に当該各号に定める登記を嘱託しなければならない。

一 特別清算開始の命令があったとき 特別清算開始の登記

二 特別清算開始の命令を取り消す決定が確定したとき 特別清算開始の取消しの登記

三 特別清算終結の決定が確定したとき 特別清算終結の登記

2 次に掲げる場合には、裁判所書記官は、職権で、遅滞なく、清算株式会社の本店の所在地を管轄する登記所にその登記を嘱託しなければならない。

一 特別清算開始後における第四百七十九条第四項において準用する第三百四十六条第二項又は第四百八十三条第六項において準用する第三百五十一条第二項の規定による一時清算人又は代表清算人の職務を行うべき者の選任の裁判があったとき。

二 前号の裁判を取り消す裁判があったとき。

三 特別清算開始後における清算人又は代表清算人の選任又は選定の裁判を取り消す裁判があったとき。

四 特別清算開始後における清算人の解任の裁判があったとき。

五 前号の裁判を取り消す裁判が確定したとき。

3 次に掲げる場合には、裁判所書記官は、職権で、遅滞なく、当該保全処分の登記を嘱託しなければならない。

一 清算株式会社の財産に属する権利で登記されたものに関し第五百四十条第一項又は第二項の規定による保全処分があったとき。

二 登記のある権利に関し第五百四十二条第一項又は第二項の規定による保全処分があったとき。

4 前項の規定は、同項に規定する保全処分の変更若しくは取消しがあった場合又は当該保全処分が効力を失った場合について準用する。

5 前二項の規定は、登録のある権利について準用する。

6 前各項の規定は、その性質上許されないものを除き、第八百二十二条第一項の規定による日本にある外国会社の財産についての清算について準用する。

免 責リンクポリシープライバシーポリシー